SSブログ
前の10件 | -

ご近所の事 [雑文&写真]


 3月末に「ハナモモがきれいに咲いているところを見つけたから」

 と誘われて彼女の車で連れて行ってもらいました。


 車をやめてしまった身としては

 このコロナ騒ぎの中ありがたいことです。


      はなもも.jpg


 このご時世、神経質すぎるかもしれませんが、2人とも感染を恐れて

 何処かに寄って食事をすることもお茶を飲むこともしません。

 新型変異ウィルスが猛威を振るい始めており、何時治まるのか。

 早く今までの生活が戻ってほしいものです。






 50年ほど前にほとんど同時に越してきたご近所4軒、

 ずっと良い関係で過ごしてきたと思っていました。

 お隣のおばちゃんは息子さんが結婚して家を出て一人暮らしでした。

 

 その息子さんの同級生からの『風の便り』と言った感じで

 その息子さんが亡くなったことを知りました。

 しかしおばちゃんの口から、そのことは知らされませんでした。


 我々3軒は「ご自分で受け入れられないから口に出さないのだろう」

 と言う事で、そのことには触れずのお付き合いを続けていました。

 会話の中で彼が元気であることをにおわせる話が出てくるので

 益々そっとしておく事しかできませんでした。

 そんな状態で、周りで見守りながら5年程経ちました。


 昨年暮れ、雨戸が開かないので心配して、

 最近よく遊びに来ていた同じ町内で少し離れたところに住む人に

 もしやご存じかと思い、聞きにいきましたら、

 「入院しました」と言う事でした。

 我々3軒はなんだか寂しい思いがしましたが

 お見舞いに行くこともできない雰囲気でした。

 

 「我々って何なのだろう」と思いましたが

 「退院が決まったら教えて下さい」とだけお願いして帰ってきました。



 1軒のうちのご主人が、

 先日の夕方に亡くなった?息子さんのお嫁さんが喪服を着て

 家を出入りしていたのをチラっと見たような気がするというので、


 思い切って前述の友人に様子を聞きに行ったところ

 1週間前に亡くなったというのです。


 皆ショックを受けました。

 あまり人に対して何かを言う人達ではないのですが

 流石にこの遠く離れている友人にも腹が立ってきました。

 (遠いと言っても同じ御町内、

 お隣りにはよく遊びに来ていましたのに)

 こういう事はお節介と思われてもも

 知らせてくれるのが道ではないでしょうか。


 一月ほどして顔見知りの民生委員の方が 

「雨戸がずっと締め切りなのですが」と我が家に訪ねてきました。

 民生委員さんもお知らせしていない事に驚きましたが、

 事情をお話ししたところ

 1人住まいの人の連絡先は把握しているので、

 事情を聞いて、こういう事情ですので、守秘義務もありますが

 結果を知らせてくださると言ってくださいました。 

 彼女からの話で初めて亡くなった事を正式に確認しました。



 生前おばちゃんと3軒の間にトラブったことはありませんし

 雨戸が明けられなくなる直前まで、

 回覧板を持って行ったときに30分以上、

 「腰が痛くてね整形にかかったのよ」等近況を話してくれたりして

 ごく普通の付き合いでした。

 

 間にあるあの友人の秘密主義の様な振る舞いが

 不可思議で理解できません。

 本当はいけないのですが、

 道でお会いしても、挨拶以上の会話はする気にもなっていません。




 この様に50年も経つと、お付き合いのあったご高齢者は

 だんだんと少なくなり、建て替えられた新しい家には、

 若い方が移り住んできますが、

 昔の様にご近所へのあいさつ回りもなく、お名前も存じ上げず

 朝出あった時に、こちらからなんとなく挨拶するといった感じで

 日々過ごしております。


 それでも5~6年前までは、引っ越し時のご挨拶もあり

 その方達は従来から住んでいて

 高齢になった我々を見守っていてくれて、

 声掛けしてくださるので、

 何かあった時も安心だね等と話しております。




 お隣りのご主人が元気なころ、見事に咲いていた君紫蘭も

 年々数が減り、今年は手入れされないままだったので

 こんなに可愛そうなことになりました。

 それでも頑張って、主のいなくなった庭で咲いていました。


       君紫蘭.jpg






 

 なんだかんだ言いましても

 新しく越してきたお家にはどこにも小さいお子さん達がいて

 可愛い泣き声や笑い声が聞こえてくるのはいいものです。

 こんな可愛い自転車等があると、写真になど撮ってみたくなります。


      2021-04-10 08.24.23  三輪車.jpg








  我が家の放っぽらかしにされているシラー・

 今年も咲き始めました。まだその途中ですが・・・


      2021-04-13 07.40.10 シラー.jpg 


nice!(18)  コメント(6) 

コロナ禍の中のお出かけ [料理&雑文・お出かけ]


 コロナの非常事態宣言がまだ解除されない頃

 フラワーアレンジメントのお教室は相変わらず遠いので

 また材料だけ頂いてほとんど我流で作りました。


     2021-02-24 14.49.12  リース.jpg

 

 今回もワイヤー使いが多くて、正しい巻き方などよくわかりません。

 自分流になってしまいましたが

 見た目にはどうにかそれらしく仕上げることが出来ました。

 早く従来の場所に戻って、正しい作り方を教えて頂きたいです。







 まだ菜の花が真っ盛りの2月最後の日、

 友人達に誘われて二宮の吾妻山に行ってきました。

 以前から、吾妻山には、色々な方達から誘われていたのですが

 300段の階段を上る自信がなくて、いつもお断りしていました。


 いつも助けてあげるから大丈夫だからと言われますが、

 同年輩の人に助けて頂くのは申し訳ないと思い諦めていました。

 今回は若い方が何人もいて「倒れたら担ぎ上げてあげるから」

 という言葉にさそわれ、その気になって挑戦しました。

 と大げさな事を言っていますが、

 ここは友人の小学生の孫でも簡単に登ってしまうような所なのですが。


 しかし私にとっては、やはりハードルが高かったです。

 皆に待ってもらい、助けられながら、でも登り切りました。

 

 頑張って登ってきた甲斐がありました。

 空は真っ青に晴れ渡り、富士山がくっきりと美しい姿を現しいました。


      2021-02-28 10.54.50  リース.jpg

 

 これはスマホで撮った写真なので、

 プリントが上がってきたら、

 フィルムで撮ったのも載せてみたいと思います。


 時間さえかけて休み休みならどうにかなるのかなとも思いましたが、

 帰りも300段の階段を降りなくてはならないので

 それを考えるとやはり一人で来るのは無理ですね。

 下りは登りよりもさらに辛く、膝がガクガクしていました。


 今回皆さんのお力を借りて登り切り 

 こんな素晴らしい景色を見る事が出来たことは幸せです。

 感謝・感謝の言葉以外ありません。





 

 田舎にある両親の墓を我々と一緒にして墓じまいをした結果、

 それで田舎との関係が薄れていくのかと寂しく思っていましたが

 本家である従弟のお嫁さんがよくできた人で

 そんなことお構いなく今回も季節のものを送ってきてくれました。


  2021-03-03 11.08.57.jpg



 柑橘類の種類もろくに知らないので、

 わかるようにメモを付けてくれ、

 どれが一番おいしいかもかいてくれてありました。





        2021-03-03 10.09.33.jpg


 同じく里芋にもメモ書きしてくれてありました。

 元々は兼業農家でしたが、今は自分で食べる物程度作っています。

 この里芋はとても美味しいのです。

 これも毎回区別がつくようにメモ入りです。

 こんなに美味しい八つ頭などはなかなか手に入りません。

 一人では食べきれないので、友人にお裾分けです。 




       IMG_20210124_0001 a.jpg      

   

nice!(44)  コメント(31) 

免許返納しました。 [お出かけ&雑文]

    

 前回運転免許証を更新からしてから3年、全く運転しておらず

 ペーパードライバーでした。

 

 身分証明書の働きしかしておらず、そろそろ返納の時期かと考え

 79歳の誕生日を前に返納してまいりました。

 私の運転歴は、父・母の病院通い

 そして喘息のあった息子の病院通い

 ついには主人が入院した時の私の病院通いに、

 主人が退院してからのリハビリの通院

 等々、ほとんどが家族の病院通いに使われ、

 遊びの為には使われたことはありませんでした。

 しかし、その車のおかげで

 不自由を感ぜずに過ごしたのはありがたい事でした。


 その足でついでにマイナンバーを申請に区役所に向かいました。

 申請手続にはその受け付けの時に、身分証明書が必要と。

 思わず「今免許証を返納してきたので証明するものがありません」と

 たまたま保険証と通帳を持っていたので良かったけれど

 早速身分を証明するのにめんどくさい思いをしました。

 その手続きの後、

 今だと2か月ほどかかってカードの手続きの通知が来るとの事でした。




 

 言われていたよりも早く

 3週間ほどで手続きするための通知が来ました。

 午前の受付締め切りが12時よりも早い時間だったのに

 注意書きが小さくて読めず丁度12時になっていました。

 しかし大目に見てくれて順番取りの為の受け付けをしてくれました。

 でも窓口が開くのは2時なのでそれまで待たなくてはならないと。

 本日中に済ませたいので2時まで待つことに。 

 その間、時間つぶしに運動のつもりで川沿いを歩いてみる。


    DSC_1638.jpg

  

       DSC_1658.jpg


       なんとハトの多い事 

       ほかの小鳥さんなら見ていても楽しいのに。




 受け取りの窓口に行くと、入口には警察官が警護していて

 「今日はまだすいていますが正月明けはかなり混んでいました。

 すいている今日でも、2時すぐには無理かも」と

 順番だけは取ってくれました。

 今はどの人も親切で嫌な思いをした覚えはありません。 

 (むかし・昔は不親切な役人さんが多くて 

 役所から帰るときはたいてい気分が悪かったですが)


 個人番号ですので、慎重なのですね。

 一人の番号が国から送られてきますと、

 まとめてではなく、

 その一人分を早足で離れた受取り場所へ運んでくれます。


 受付番号と名前を確認され1人づつ部屋に入り、

 自分に間違いないことを確認してから受け取ります。  

 スムーズな作業のおかげで

 思ったよりも早く受け取ることが出来ました。

 




 



 

 少し足に自信がついて来たので

 後日ご近所から少しはなれて遠出をしてみました。

 かなり歩いていくと

 富士山がきれいにみえるところへたどりつきました。


   2021-02-09 11.43.55.jpg


 少しだけ切り取りました。


    



 そこから少し歩いたところの公園です


    2021-02-06 14.20.51.jpg


 富士山をイメージした花壇だそうです。


    DSC_1592 水仙.jpg


 水仙もきれいに咲いていました。





 神奈川の季節限定の崎陽軒のお弁当です

  こんな懸け紙で

   2021-02-08 19.43.17  懸け紙.jpg


     中身はこんな感じです。

       2021-02-08 19.44.13    崎陽軒.jpg



 神奈川の特産品は小田原の梅干・小田原蒲鉾はすぐわかりますが、

 その他野菜類がそうなのかもしれません。

 定番シュウマイはもちろん入っていますし、筍の煮つけ、それに

 デザートが入っていました。小さいけれど側の柔らかい甘い大福


 それぐらいしか分からなくて、考えてるうちに食べ終わっていました。    


nice!(33)  コメント(23) 

地下鉄車内にて&久しぶりの散歩 [雑文&写真]


  地下鉄車内に市内の児童たちの描いた地下鉄のマナーのポスターが

 展示されていて、いつも楽しく見ていました。

         2021-02-04 12.58.03.jpg


 良く見えないので、拡大します。

 これは今まで見た中で初めてのキャッチコピーで

 可愛かったのでスマホで撮ってみました。


         2021-02-04 12.58.03  c.jpg

           


 私もこれは電車内で時々思う事でした。

 車内で赤ちゃんや、小さい子が泣き始めると、

 たいていの人が迷惑そうにチラッとそちらを見ます。


 神経ずぶとくて、別にあやしもせず、

 かえってヒステリックにしかりつけている母親もいますが

 大抵のお母さんはおろおろしています。

 駅に着いた時、慌てて降りて行った人もいます。


 私に勇気があれば、このポスターの様に

 「赤ちゃんは泣いても気にしないでね」って言ってあげたいけれど

 なかなか言い出せません。


 優しい女の子。どんなお母さんに育てられたのかなって想像します。

 絵のタッチも優しい色合いでほっこりします。

 (願わくばもう少し強いタッチだともっとはっきり写るのですが)


 仕事に疲れている人、体調の悪い人、子供嫌いの人等々

 色々事情もあるでしょうが

 そこはガマンして、

 いやな顔などせず、せめて知らん顔をしてあげたらと思います。






  コロナ過敏で外に出るのもなんとなく怖いような、億劫な気分で

 外出を殆どしていなかったので、

 ゴミ出しに行く時でさえ足が弱っているなと感じて

 たまには歩かなくてはと考えました。


 弱った足には少し無理かなと思ったのですが

 どうせ歩くなら少しでも景色の良い所とおもい、

 鉞が淵まで歩いていくことにしました。


 友人達の「大したことない散歩コースよ

 川沿いに歩いていけばよいのだから」

 との言葉でその気になり歩き始めましたが

 私にとって、思ったより手ごわいです。

 マイペースで歩きたかったので一人で来てよかった・・・

 途中縁石に腰を下ろしたりしながら休み休みです。

 

 途中同年代の女性に道を聞いた時

 教えてくれながら「そこにカワセミがいるわよ」と教えてくれました。

 

 カメラは持っていますが、300mmのレンズしか持っていないので

 必死に狙いましたが、かなり離れているので豆粒みたいです。

 普段はあまり感じませんが、こういう場面に会うと

 せめて400mmのレンズが欲しくなります。

 切り取ってかなり拡大しました。

    DSC_1524 c.jpg


 カワセミを撮ったのは、わずか3回ですので

 これでも嬉しかったです。

 まだ途中ですが無理をして歩いて来たかいがあります。


 やっと入口にたどり着きました。


 DSC_1533.jpg


      DSC_1535.jpg



   DSC_1538.jpg


 二手に分かれている道、片方はかなり歩きにくいというので

 下の道を歩くことにしました。

 川に沿ってさらに歩いていくと、反対の出口についてしまいました。

 きついほうの道を行かないと、淵のある所には行けませんでした。


 コンデションのいい次の機会挑戦することにします。


 もう1歩も歩けないくらい足ががくがくしています。

 幸いに出た場所は、目印のあるところだったので、

 1人で来た気安さ、気兼ねなくタクシーに来てもらい 

 帰ってきました。

 料金は1300円(迎車なので)

 それでもかなりの距離歩いたことになります。

 少しは足に自信がつきました。

nice!(33)  コメント(23) 

浄水器買い換えました [料理・折り紙・Fアレンジメント・雑文]


     

 遅くなってしまいましたが 


    新年用のフラワーアレンジメントです。


    2020-12-28 14.59.39.jpg




   

 カタログハウスの 浄水器 シーワン10トン型を

 今まで使用していたのですが、

 (写真残すの忘れて放ってしまいました)


             IMG_20210124_0003.jpgカタログから拝借


 カートリッジの交換時期を知らせるマーク(寿命表示)が

 4段階で減っていくのですが、前回それが表示されなくなりました。

 普通交換時期は2年程となっていますが

 いつも早めに1年半を目安にカートリッジの交換を行っていたので

 あまり不便も感じず、

 カートリッジを購入するとき、

 浄水機能には異状ないと言う事を確認して使用しました。

                   

 今回は年末と、込み入った出来事が有ったりして、

 使用頻度も1年程でしたの

 前もってカートリッジを購入していませんでした。


 それが急に赤ランプが点滅し交換時期を示しました。

 いつもよりかなり速いペースだったのでどうにもなりません。

 浄化していない水を使うのも嫌ですし

 むしろ水道水のほうが安全な様な気もして。


 もたもたしてシーワンのカートリッジを注文しないでいたところ

 グットタイミングとでも言いましょうか

 年始に届けられたカタログハウスに今一番新しい形のナノセラムと言う

 浄水器が載っていました。


  シーワンはセラミックのろ過式フィルターでしたが

 これはフィルター素材がグラスセルロース繊維(よくわかりませんが)

 細菌より小さいウイルスも除去できると言う事です。

 


 



     2021-01-09 19.56.42.jpg




 シーワンは2006年の購入で、もう15年も働いてくれたし、

 15000円もするカートリッジもまだ購入していないし

 これも何かのめぐりあわせと思い

 価格もシーワンのほぼ半額ですし

 新しい浄水器に買い替えることにしました。

 

 

 直径はほぼ同じですが高さが30cmに対して20cmとかなり低いので、

 狭い我が家の台所では、圧迫感もなくとても良い感じです。

 取り付けもほとんど同じ方法だったので、私でもセットできました。

 やはり新しいものは気持ちよいです。


 気になる事と言えば

 今までは外側はステンレスだったので

 掃除はただ拭くだけで簡単でしたが

 今回のは材質がコポリエステルと聞いたことがないもので

 おまけに白色をしているので、

 上手くきれいにできるのか、汚れが心配です。










 先日友人のお嬢さんが、

 私が以前いただいた切腹最中に大喜びしたのを覚えていて

 また「近くまでいったから」と買ってきてくれました。

 何時も優しいお嬢さん。 感激です。ありがとう!


        切腹最中.jpg 

   






 コロナ禍で何処へも行けなくて元気をなくしていた私を見て

 友人が車で道中を気を付けて行けば大丈夫と

 八千穂高原に誘ってくれました。

 その途中あまりにも空が美しかったので

 広角を使ってとったのですが、

 あまり使ったことがないので

 目で見た時の感動は伝わってきませんでした。

 覆いかぶさってくるような、包み込まれるようなあの感覚

 どうしたら撮れるのでしょう。

    IMG_20210124_0005 b.jpg 

 

nice!(39)  コメント(22) 

遅ればせながら新年のご挨拶 [折り紙・写真・雑文]


     新しい年を迎え

    今年1年の抱負など考えてみても何も思いつかぬまま

    気が付けばもう鏡開きの日を迎えておりました。



       おくればせながら

         新年のご挨拶を申し上げます

    

      DSC_1467.jpg

  


       本年もよろしくお願い申し上げます。




 





 新年早々こういう話もどうかと思い躊躇しておりましたが

 門松も取れて何日か経っているしもうそろそろ良いかと思い

 パソコンを開きました。



 昨年、令和二年もあと残すところ3日

 後見の様な事をしてきた主人の姉が92才でなくなりました。

 老衰でした。


 彼女は初めの結婚で辛い目にあい

 やっと見つけた次の連れ合いには先だたれ、子供もおらず

 不義理をした実弟(私の夫)とも疎遠になっていたところ

 10年前家で倒れているところを大家さんに発見され

 ほかに身寄りも無くなっていたので、

 我が家に連絡が来ました。


 介護保険取得、施設探し、その他もろもろの後始末をして

 特別養護老人ホームに入居することが出来ました。

 そして10年が経ちました。


 幸せな事に入居したホームは一見して

 安心してお預け出来る環境であると感じました。


 主人は実姉を私に残して先に逝ってしまい

 道として私が責任をもって 送らなくてはと思い

 御世話してまいりましたが、このコロナ禍の中

 ほとんど1年近く面会もせず過ごしてしまいました。


 

 様子がおかしいと連絡を受け、急いで施設に参りましたが

 その瞬間には立ち合うことが出来ませんでした。 しかし


 人の一生は旅立つ時まで幸せであったか不幸であったかは分からない

 と誰かが言っていましたが、

 彼女の一生は決して幸せなものでなかったのですが

 最後は施設の何人ものヘルパーさんに

 楽しかったことを話しかけてもらいながら

 静かに旅だったそうです。穏やかに眠るようでした。


 そして沢山の方々に見送られて施設を出ることが出来ました。


 施設の費用は、寡婦年金と少しの貯金がありましたので 

 私の持ち出しはなしに済みました。

 持ち出しながらの御世話だったらどの程度までできたか

 我ながら考えてしまいます。



        2021-01-04 08.44.10.jpg


     4日はお天気も良く葬儀社のすぐそばから美しい富士山が・・・

     電線が邪魔ですがどうやって避けることが出来ませんでしたが

     あまりに美しかったので携帯で撮ってみました。 


 


 父母、夫と3人の最後をお世話いただいた葬儀社にお願いし、

 年末年始で時間がかかることを覚悟していましたが

 思ったより早く、正月明け4日に

 通夜なしの本葬だけでしたが無事済ませることが出来ました。


 こういう時期ですので 息子にもきつく来ないように伝え

 私一人でお送りしました。


 あとは生前に埋葬を許可していただいている岡山にある

 ご主人の眠っている墓所までお連れすること。


 旅行もままならないこの時期、いつお連れできるか分かりませんが

 それが終われば完全に開放されます。


 私があちらの世界に行ったとき胸を張って主人に会えます。


 それほど肩ひじ張ってお世話してきた自覚はなかったのですが、

 この何日間かは気が抜けたように何もすることもせず、

 時間があると、若い頃の様に長時間眠っていました。

 本人も気づかぬうちに色々たまってしまうことってあるのですね。

 肩が少し軽くなったようにも思います。





 新年早々このような話に

 お付き合いいただきありがとうございました。





   今年の初甘いものは

   流石松平不昧公のおひざ元

   大粒の小豆を薄い砂糖の膜で包んだ上品な甘さの和菓子

            薄小倉です

     DSC_1249.jpg

 これもcoopでたまに出るのですが見逃せません。

 

nice!(36)  コメント(25) 

続・久しぶりに電車で遠出して [趣味・お出かけ・雑文]


    12月も半ば近くに なりクリスマスも近づいてまいりました。

 クリスマスとは関係ない生活環境の私ですが

 フラワーアレンジメントの教室で

 クリスマスバージョンの教材を頂いたので

 載せて見る事にしました。

 


           DSC_1230.jpg


 やはりコロナの影響で、お教室は開かれず

 先生から材料を頂いて、

 写真を参考に我流で仕上げました。

 基礎もできていない状態なので

 早く直接教えて頂けるようになればと思います。




 



 先日成田に行った時の事です。

 電車の車内放送を聞いていて何か違和感を感じます。

 聞いていてなんとなく落ち着きません。



 東京駅で電車区が変わるのか車掌さんの交代があり

 新しい人の放送があって、

 違和感がどこにあったか気が付きました。


 初めの車掌さんの放送は

 「次は~でございます」 「~線、乗り換えでございます」等々

 すべてに「~~~でございます」と着けていました。 

 丁寧すぎたのです。


 車内放送は簡潔にした方が分かりやすいです。

 「次は~です」 「~線、乗り換えです」で十分です。

 過ぎたるは及ばざるがごとしってことですかね。

 なんて、どうでもよいこですが気づいたままに・・・








 家の整理をしていたら

 こんなものが出てきました。


    DSC_1025.jpg


 もっと沢山作りましたが、人に差し上げたりして残ったのを

 どこかにしまい込んで忘れていたものです。

 針を刺す前のものも載せてみました。

 今は根気も無くなり作る気力もありませんが、

 コツコツとこんなことをしていた頃もあったのだと

 なんだか懐かしくなりました。

 よくまあ処分せずにおいていたものです。 

 今となってはなんだか未練が出て処分できません。









 頂いて4~5年になるシュウメイギク、

 これまで蕾を付けてもどうしても花開くまで行ず

 枯れていましたが

 今年初めて花開きました。

 あまり姿の良い咲き方ではありませんでしたが、

 でも嬉しいので載せてみます。


      DSC_1048.jpg  



nice!(37)  コメント(22) 

久しぶりに電車で遠出して [お出かけ&雑文]


  このところまたコロナ患者が増えてきて

 怖がりの私としては何処へも移動したくなかったのですが

 この三連休の中の1日、以前からの約束を外せなくて、

 勇気を出して2時間以上電車を使って成田山まで出かけてきました。


       DSC_1052.jpg



 


 有難いことに、横須賀線はグリーン車があり、

 休日は割引されているので

 込み合う事もなく行けるというメリットがあります。

 しかしGOTOなんとやらのせいか、いつもより混んでいました。


 久しぶりの電車。

 乗ってきた人たちを観察するのも結構楽しいもので。

 途中乗ってきたお二人、

 早朝だったので朝食でしょうか、食事を始めました。

 それまでは何かに触るたびにアルコール消毒をしてとても用心深い。

 しかし食事を始めると、

 男性の方は素早く済ませて、即マスクをしたので流石と思いましたが

 女性の方はマスクを外した後も、食べながら会話が止まりません。

 あれだけ用心していたのに、ここで気が抜けたのでしょうね。


 感染した人が、十分用心していたのに

 どうして罹ったか分からないという話をしますが

 無意識のうちにこういうことをしているのかも。

 そこに菌が浮いていなかったとは言い切れませんから。


 そもそもマスクをしながらの食事なんて無理なのではないでしょうか。

 一口食べてマスクして

 再びお喋りなんて器用な事を私は出来そうもありません。

 食べるときはさっと食べて、

 食べ終わったらマスクをして思う存分会話するですね。


 テレビで感染症の専門医がマスクがワクチンですと言っていましたが、

 その通りで、食事をする時だけは気を付けて、

 後はきっちりマスクを使っていれば、

 あまりおそれることはないのかななんて考えました。


         DSC_1194.jpg



 

 成田山の参道は想像していたより人出が多いようでした。


 歩きながら、食べ物屋さんを覗いてみると

 結構人が入っています。


 参道はマスクをきちっとした人たちであふれています。

 それと同時に鼻マスク、あごマスクの人も結構見かけます。


 道端で大声で話しながら、何かを食べている人もいます。

 それは若い人ばかりではありません。


 コロナに対しての考え方に人それぞれ温度差があることを感じました。

 

 用事を済ませ、パーテーションのないお店で食事するのが嫌なので

 そのまま帰ってきました。


 お土産には いかにもありきたりですが、

 子供のころから親しんでいた 「米谷の羊羹」

(昔は成田山へお参りしてのお土産はこの よねやの羊羹 でした)

 今はなごみの米谷として立派なお土産会館ができていますが

 中はかなり混んでいたので、

 入らず出店の様なお土産屋さんで

 昔乍らの米谷の羊羹を買ってきました。

 

 中に入れば、目移りするほど色々な餡子物があるのですが

 そこはぐっとこらえました。 


      写真 2020-11-25 15 13 56.jpg 


 

 

 GOTO何とか・・・少しは手を打たれてきている様ですが

 それが沈静化するききっかけになると良いですね。


 何の心配もなく遠出できる日が早く来る事を切に願っています。                        

nice!(39)  コメント(26) 

エコバック&フラワーアレンジメント [趣味・お出かけ・雑文]


 10年以上前に頂いた、先日亡くなった高田賢三さんデザインの傘、

 色・柄が気に入って長いこと使っていましたが

 ついに長年使用による劣化がひどく、

 それでも捨てがたく、布の部分を外して残してありました。



 不器用なので、億劫で先延ばしにしていた買い物エコバッグを 

 縫う事にしました。

 不細工な出来ですが、 自分なりの使いやすい袋が出来上がりました。

 まず明け口が大きいので品物が入れやすいこと。

 持ち手を太くして自分の持ちやすい太さにしたこと。

 それに最近、背が縮んで今まで持っている物では長すぎたので

 自分の身長に丁度良い丈にしたこと。

 中に簡易ポケットを付け、口は締まるようにしたこと

 (ただしファスナーではなく手抜きしてホックで済ませましたが(-"-)


  

    

    2020-09-19 14.23.18   b.jpg

 

 どうにか思い通りのものが出来上がりました。

 かなり重いものを入れても耐えられたので良しとします。

 器用な方々が色々縫っておられるのに

 これでは少し、いえ大変恥ずかしいのですが

 最近めったにしない事なので・・・


 ただ 傘の布なので、軽くてかさばらず水に濡れにくいので

 2枚目の予備としていつも持ち歩き、とても重宝しています。







 今月もコロナ禍で

 フラワーアレンジメントのお教室は

 再開されたのですが、広い場所でと言う事で

 私には歩いてゆくにも電車を利用するにも中途半端で無理。

 考えた末、また先生にお願いいして材料だけ頂くことが出来ました。


 先生のお手本の写真をもとにまた私の独我流

 先生には写真でしか見ていただけないので、

 基礎的な事は分からないままです。

 ただグルーの使い方の練習にはなるかと思いながら楽しんでいます。


 今回のアレンジはフラットフレーム16cm×22cmに

 ドライフラワーとプリザーブドフラワーのアレンジで

 壁掛けにもスタンドにもなります。



     2020-09-21 14.48.33-1.jpg



 リボンの作り方が分からなくて我流ですが

 お教室に参加できた時に教えて頂こうと思っています。






 

 以前友人の車で出かけた八ヶ岳ふもとの

 原村の道の駅で見つけたアップルパイ

 リンゴがたっぷりで美味しくて、

 以後出かけた時には2~3個は買ってきて

 冷凍などして食べていましたが

 なんとそれがcoopのカタログに載っていたのです。


 コロナ禍で友人に連れて行ってもらえず

 当分はたべられないとあきらめていましたが嬉しい~~~ 

 早速2個注文し1個は着いたその日に食べ、あとは冷凍室へ。


     2020-09-11 13.51.09.jpg


 やはり美味しかったです。

 思いもかけず久しぶりに嬉しい気分になりました。       

nice!(41)  コメント(24) 

折り紙の不思議 [折り紙 & 雑文]


 先日久しぶりに折り紙教室に行ってきました。
 前回覗いた時には
 大きな声で話す人の前しか空いていません。

 このコロナ禍に少しばかり不安だったので
 そのまま帰って来てしまいましたが、

 今回はかなり離れた場所が空いていたので
 帰らずに頑張ってきました。


 今回は花火あるいは万華鏡と言って
 15センチの両面折り紙を使って折ります。
 模様の違うものを4種用意し、各3枚づつ合計12枚用意し
 12個のパーツに折り上げます。

 そして配色を考えながら各パーツを組み込んでいきます。

 

 家に帰ってからも違う配色の折り紙であと2種折ってみました。



 仕上がりはこのようになりました。

      2020-10-08 22.33.12.jpg

 ひっくり返すと 1・・・そしてさらにひっくり返すと 2

 まるで花火か万華鏡のように

 あらわれたものは全く違ってこのように変化していきます。

      1              2

  2020-10-08 22.33.41.jpg     2020-10-08 22.37.13.jpg




 

 別の種類の折り紙

 片面がドット柄のものを選んでみました。

 

          2020-09-29 16.31.40.jpg


 上から見た部分はほとんどドット柄はなく

 ひっくり返すと

 このようにドット柄のものが現れました。 


       2020-09-29 11.19.55 b.jpg     2020-10-08 22.36.05 b.jpg






 折り紙の模様によって現れるものが全然違うので、

 それが面白くて懲りずにもう一つ折ってみました。

 これは模様はありませんが

 中心に向かって色が薄くグラデーションになっている折り紙です。


             2020-10-08 22.34.25.jpg 


 上から見てもグラデーションの部分は全く見えません。

 ひっくり返すとこのように面白いものになりました。


 

    2020-10-08 22.34.49.jpg     2020-10-08 22.35.42.jpg



 

 このパーツを折るのも組み込んで繋げるのも、

 途中までは簡単なのですが

 最後に端同士を繋げて丸くするのは、不器用な私には大変でした。

 もしかしたら簡単にできる何かテクニックがあるのかもしれませんが。

 


 面白くてつい夢中になってしまいましたが

           とにかく疲れました。   




 疲れたところでほっと一息

 最近のタルトはだんだん高級になって来て

 最近はこんなたいそうな包装になってしまいました。


    2020-09-11 13.53.37.jpg    

 

 以前はセロハンに包まれて箱に入っているだけで

 それでも子供時代に食べたのとは大違いだと思っていたのに

 中身も栗など入って高級化して・・・

 昔ながらの素朴なタルトが食べたいな~


 2020-09-11 13.55.18.jpg  2020-09-11 14.00.49.jpg


 とにかく文句を言わずにいたたきましょう。


nice!(38)  コメント(28) 
前の10件 | -